「からくりサーカス」の 完全版が発売開始!ワイド版、文庫版との違いは?

マンガ・アニメ




「からくりサーカス」のアニメが2018年10月に放送開始。

それを受けてか、原作の「からくりサーカス」の完全版が9月18日より発売となった。

 

「からくりサーカス」は“単行本”で全43巻になる長編漫画だ。

“単行本”の他にも“ワイド版”、”文庫版”、”電子書籍版”が発売されている。

これから「からくりサーカス」を読む人はどれを買っていいか迷ってしまうだろう。

そこで“単行本”、”ワイド版”、”文庫版”、”電子書籍版”、そして”完全版”のそれぞれ何が違うのか。

比較してみたので、迷っている人は参考にして欲しい。

「からくりサーカス」の”完全版”は他と何が違うのか

「からくりサーカス」”完全版”の特徴

サイズ

サイズはA5版となり、これまで発売された中でも一番大きいタイプになる。

からくりサーカスは迫力ある絵も魅力のひとつなので、その魅力を一番感じることのできるサイズとなる。

ただしサイズが大きい分、本棚のスペースをかなり取ってしまう。

集める際には、本棚に十分な場所を確保しておこう。

(「からくりサーカス」コミック版が用意できなかったので、同じコミックサイズの「双亡亭壊すべし」を並べた)

上:ワイド版 下:完全版 完全版の方が一回り大きく、迫力が増す。

巻数

「完全版」は全26巻で、毎月2冊づつの発行。

ちなみに、“単行本”が全43巻“ワイド版”が全23巻となっている。

1冊に対する収録話数はワイド版が一番多いので、その分厚くなっている。

ワイド版の方が若干厚い

1巻あたりの話数

「完全版」の1巻は13話収録されている。

ちなみに、”単行本”は8話、”ワイド版”は15話収録。

価格

1、2巻は1,400円+税

恐らく他の巻もほとんど変わらないと予想される。

巻数が26巻だったとすると、全巻揃えると36,400円+税となり、他のタイプよりも倍以上の価格になる。

さすが「完全版」だけのことはある。

表紙

カバーは古書のような高級感のあるデザインに、真ん中に楕円状の型抜きがされている。

型抜きされた所からは、表紙に描かれているキャラクターの顔が見えるという仕様になっている。



その他特徴

雑誌連載時のカラー原稿を完全収録

おまけとして、連載時の構想ノートから未公開の秘蔵イラストや設定画を特別収録。

写真は上が「完全版」、下が”ワイド版”。

発売

2018年9月18日に1、2巻が発売される。

それ以降は月に2冊ずつの発行。

その他の「からくりサーカス」との比較

完全版 単行本 ワイド版
サイズ A5版 103 x 182 mm B5ワイド
巻数 全26巻 全43巻 全23巻
価格 1,400円+税 390円+税 743円+税
価格(全巻) 36,400円+税 16,770円 17,089円
特徴 一番大きいサイズ
カラー原稿収録
連載時の構想ノートから未公開の秘蔵イラストや設定画を特別収録
連載当時に発売されたオリジナルタイプ 単行本より一回り大きく、厚くなっている
中扉に等身大「しろがね」人形のスナップ写真が掲載
黒博物館シリーズと同じ大きさ
表紙カバー
完全版 文庫版 電子書籍
サイズ A5版 A6版 観覧する端末に依存
巻数 全26巻 全22巻 全43巻
価格 1,400円+税 800円+税 400円+税
価格(全巻) 36,400円+税 17,600円 17,200円
特徴 一番大きいサイズ
カラー原稿収録
連載時の構想ノートから未公開の秘蔵イラストや設定画を特別収録
一番コンパクトなタイプ
カバーを外すと著者の制作ノート、ラフイラスト、初期設定画などが描かれている
各巻にポイントを振り返るコラムが掲載。
単行本に準じている
電子書籍のため場所を取らない
表紙カバー

 

 

 

まとめ

「からくりサーカス」”完全版”と、これまでに発売れてきた“単行本”、”ワイド版”、”文庫版”、”電子書籍版”を比較した。

“完全版”がオススメな人

  • これから集める人
  • 価格は気にしない人
  • 迫力ある絵で読みたい人

”単行本”がオススメな人

  • 単行本サイズがいい人

“ワイド版”がオススメな人

  • 価格は安いほうが良いが、迫力は感じたい人
  • 黒博物館シリーズと一緒にキレイに並べたい人

“文庫版”がオススメな人

  • 本棚にあまり余裕のない人
  • 持ち運んで読む人
  • カバー裏のイラストなどが気になる人

“電子書籍”がオススメな人

  • 漫画をスマホやタブレットで読む人
  • 本棚に全く余裕がない人

いろいろ比較したが、どのサイズでも「からくりサーカス」を読めることには間違いない。
「からくりサーカス」は本当に素晴らしい漫画なので、是非読んで欲しい。

ちなみにアニメは全3クールとなっており、長編漫画にしてはかなり短く、全部入りきらないことは作者の藤田和日郎も語っている。

原作「からくりサーカス」はどこも削れないくらい内容の濃いストーリーだ。

アニメから入った人にも、是非原作マンガを読んでもらいたい。

TVアニメ「からくりサーカス」トークイベントがYouTubeで見れる!熱いぞ!

2018.05.03